屋外でストレスを解消するデメリット

屋外でストレスを解消するメリット

職場の人間関係など解決しにくい問題から生じるストレスは、なかなか解消できません。ストレスが溜まったまま、屋内にとどまっていると、イライラが更に高まることがあります。こうしたストレスを発散するためには、屋外に出て日光を浴びることが効果的です。日光を浴びると、脳内にセロトニンという快楽物質が分泌され、ストレスが発散されるからです。そこで、朝の軽い散歩が、ストレス解消法として重視されています。朝日を浴びて軽く汗をかく程度の散歩がストレス解消に最適なのです。

また、外気に当たることもストレス解消に効果があると言われています。屋内の澱んだ空気を肺から排出し、新鮮な空気を取り込むと清々しい気持ちになれるでしょう。樹木の多い緑道を散歩して綺麗な空気を吸い込むことが、ストレス解消につながります。

屋外のストレス解消法のデメリットと対策

屋外のストレス解消法にはデメリットもあるので、注意しなければなりません。屋外のランニングでは、他のランナーと競争心が芽生え、ついつい頑張りすぎてしまうことが多いものです。自分のペースを逸脱し、心肺に余計な負担がかかって健康を害してしまうこともあるでしょう。また、ランナーズハイによる快感を求めるようになり、風雨の強い日もランニングをやめられなくなるという依存症に陥るリスクもあります。風雨の日にランニングを強行すると、風邪や事故のリスクが高まるでしょう。また、紫外線を浴びすぎると、皮膚が劣化しやすくなります。

こうしたデメリットを意識して、天候や体調を考慮し、しっかりと紫外線対策を講じることが大切です。何事も適度に行うことが肝要であることを忘れないようにしましょう。

精神科を名駅近隣に建てるには理由があります。利用者のなかには仕事に悩む方が多く、仕事帰りに診察してもらいたいと思う方がたくさんいるからです。